フリーターでのクレジットカードの審査は簡単?非正規雇用の社会的信用度は?

クレジットカードはいわば借金をするためのカード、借金をするということは人にお金を貸す、人にお金を貸すというのは、例えば友達に一万貸すと考えると、チャランポランで不真面目な人か、真面目すぎて優等生なタイプで言うと、間違いなく後者に貸しますよね。返ってくる確率が高い方に貸します。これが投資などというと話は違ってきます。不真面目でなにを起こすか分からない人の方が、期待感が上がりますのでこっちに投資する方が、一か八かで金額が増える可能性があります。しかし、借金となると確実に返ってくる方に貸すものです。
これが会社でクレジットカードの場合もそうで、正社員で収入が安定している人と、フリーターでいつ首を切られるか分からない人と比較したら前者の方に貸します。

クレジットカードの審査の基準

私は正社員で役職もついてないし、低収入のままずっと暮らしているからクレジットカードの審査に通らない、そんな風に勘違いしている人もいます。正しくは、安定継続収入がある方というのが審査の基準として一般的です。逆に言うと高収入でも安定してなければ、審査にひっかかってしまうというものです。芸能人などでも高収入にも関わらず安定しないから審査でひっかかるケースもあります。その場合は、歩合性じゃなく、給料制の方が印象がいいですし、個人でやっていると信用がないので、会社に所属したり、会社を立ち上げて所属するという形をとる人も多くいます。
安定継続収入は勤続年数がバロメータでもあるので、アルバイトの場合でも継続年数が大きな基準となります。複数掛け持ちしている場合には、勤務期間が一番長いアルバイト先を記入するのが審査に通るコツです。

フリーターがクレジットカードを作るには

学生やフリーターの勤務先は、アルバイトでも大丈夫なので、勤続して安定していれば審査は通ります。ひとつ過去にカードや何かしらの支払いの遅延、信用情報機関というものがすべての借金状況などを把握しているので、クレジットカードの利用、携帯電話端末の分割支払いなど、約2年間の支払い状況、コンスタントに延滞することなく支払い続けているかが分かれば、カードローン会社としては、十分信用できると判断され、カードを作成することができます。
自分に収入がなくても、住居情報や家族構成などで通ったりしますので、意外と簡単に通りますよ。