バイト初日のよくある状況

 面接などを経てようやく迎えたアルバイト初日。最初はだれでも不安で緊張もすると思います。これから一緒に働くことになる人たちとは良好な関係性を気付いていきたいですよね。そのためにも初日から好印象を持ってもらいたいものです。スタートダッシュを成功させるためにバイト初日にありがちなことをご紹介するので気を付けることを覚えておきましょう。

・時間より早く着いたものの、なかなか入れない
「初日から遅刻するわけにいかない」と気合を入れて家を出たもののいざバイト先に着いたら緊張してなかなか入れないという状況です。結局時間ギリギリになったらバイト先に入っていかないといけないのですから、やる気を見せるためにも場所に着いたらすぐに中に入ってしまいましょう。

・誰に話しかけていいのかわからない
飲食店などの場合、スタッフの人が仕事中で話しかけづらいという状況もあるようです。面接などで顔を知っている人がいないときには近くのスタッフの人に「今日からアルバイトでお世話になるものです」としっかりと挨拶をして仕事の始め方などを教えてもらいましょう。

・仕事が覚えられない
いきなり教えられたことを全部覚えろ、というのは簡単なことではありません。覚えられていなくて怒られてしまうこともあるかもしれません。しかし大事なことは同じミスを繰り返さないということです。何度も同じことを言われないためにもこまめにメモを取るようにして覚えようと努力をすることが大事です。

・すぐに、「辞めようかな」という思いがよぎる
初日ということで気持ちも非常にナーバスになっていてちょっとしたミスで落ち込んで辞めることを考えてしまいがちです。ですが最初はだれもがミスをするものです。前向きにとらえて自分のできることを少しずつ着実に増やしていきましょう。仕事は慣れの部分も大きいので初めの一週間、一ヶ月さえ乗り切ってしまえば次第に仕事が手についてくるはずです。

・怒っていた先輩も帰り際に優しい
仕事中、さんざん怒られてしまった先輩も仕事が終われば優しいという状況です。せっかく新しく入ってきたアルバイトを歓迎しないでいじめるなんてことはありません。仕事を覚えるためにあえて言ってくれているのです。怒られてしまっても仕事終わりにはまた次の日に気持ちを切り替えて頑張っていきましょう。