意外と大変なアルバイト

 華やかなイメージを持たれていたり、人気があるアルバイトの中には、大変な仕事もたくさんあります。肉体的に大変なものもあれば精神的に大変なものもあります。あこがれだけでアルバイトを選ぶと後々後悔してしまい、ネガティブなイメージすら持ってしまいかねません。アルバイトを選ぶときは実際に働いている様子も考えて先を見据えたビジョンを持つことも大切です。そのためにどんな仕事にもある大変な部分をご紹介します。

 アパレルといえばお洒落で華やかなイメージがありますよね。きっとあこがれを抱いている方も多いはずです。
 アパレルの仕事の大変なところは勤務中、ずっと立ちっぱなしであるということです。アパレルのアルバイトは比較的長めの時間のシフトが多く、さらに、女性の場合は高いヒールを履いた状態で長時間勤務することになるケースもあり、実は肉体的にかなりつらい仕事といえるのです。また、接客業であるので常にお客さんとコミュニケーションをとることも必要になります。コミュニケーションが得意でない方にとってはそれが苦痛となり、精神的にもタフな仕事ともいえます。

 居酒屋のアルバイトは、仕事仲間同士の仲がよさそうであったり、深夜まで営業していることも多く、割増賃金によって効率よくお金を稼ぐことができることから学生の方にも人気があります。
 居酒屋の仕事では、まず最初にお店のメニューを覚えなければいけないという試練があります。もともと行き慣れたお店であればさほど苦になりませんが、働いて初めて行くことになったお店の場合は数多くのメニューを覚えるというのは簡単なことではありません。また、ファミレスなどとは違い、酔っぱらったお客さんに絡まれてしまうこともしばしばあります。注文が少しでも遅かったりすると絡まれることもあり、接客相手がお酒を飲んでいるというのは仕事の大変なところです。

 ここでご紹介したアパレルや居酒屋の仕事以外のどの仕事にも大変だなということは必ずつきものです。その中でも自分のやりがいを見つけられる仕事や、大変なことを上回るくらいに楽しめる仕事を見つけられることがベストです。あこがれている仕事にも必ず大変なことはあるということをあらかじめ知っておくことでその仕事を嫌いにならず、充実したアルバイトの経験を積むことができるようになるはずです。