主婦のアルバイト

ここ最近の不況の中、父親の収入だけでは、なかなか安心できない家族が増えています。それに伴い、それまで専業主婦をしていた人が、アルバイト(パートとも呼びます)として働き始めるようになりました。しかし、子育てとアルバイトの両立は簡単なことではなく、中にはアルバイトを始めるのを躊躇してしまっている人もいるのではないでしょうか? そこで、今回は、主婦のアルバイトについて考えていきたいと思います。

主婦が他の応募者よりも優れている点はどこか? まず、主婦の方は早番に入れるというのが、一つの魅力です。学生の場合、昼間は学校があるので働くことができませんが、主婦は早番で働くことができるので、主婦のことを求める企業はかなり多いと思います。また、主婦の方は、結婚するまで社会人として働いていた人がほとんどなので、しっかりと責任を持った行動がとれるはずです。つまり、最初から、アルバイト先の信頼をある程度得られるという点で、学生より有利だと言えます。

小さい子供がいる場合、アルバイト先の協力も必要です。子供のお迎えの時間を考えると残業ができなかったり、学校がない休日は出勤できなかったりと、育児とアルバイトの両立は、非常に難しいです。面接の際に、そうした事情をしっかりと説明しましょう。しかし、一方的に「協力してください」と言っても、相手は良い印象を持ってくれません。「可能な日は休日でも出勤します」といった、「自分自身できるだけ努力します」という意思を示しましょう。

では、どのような職場を探せばいいのか? 注意するポイントは、3つです。まず、家から近いこと。職場と家と子供の学校が近いと何かと便利です。何かあったら、すぐ駆けつけられるというだけで、かなりの安心感を得られます。次に、シフトを柔軟に変更できること。「何曜日は必ず出勤」など、シフトが固定的になってしまうと、学校の行事や振り替え休日などに対応できないため、シフトはできるだけ自由に決められる所を見つけましょう。最後に、短時間勤務ができることです。短時間なら、子供が出かけている間に働けるので、あまり家庭の負担になりません。

ここまで、主婦のアルバイトについて考えてきました。小さい子供がいるということで、働くのを躊躇っている人は、育児と両立できるようなアルバイトを探してみてはいかがでしょうか?