バイト男子に人気の深夜のアルバイト!そのメリットと意外な落とし穴とは?

コンビニやファミレスといった24時間営業の店舗でメインの稼働時間を避け、夜間に働く深夜のアルバイトは若いバイト男子から人気が高いです。
昼間に比べて時給が高いと人気のようですが、実はその他にも多くのメリットがあるんです。しかし、ウマイ話には裏があるはず…。実際に深夜アルバイトをするってアリなのでしょうか?今回はそんな深夜バイトのメリットや陥りやすい意外な落とし穴についてご紹介したいと思います。

深夜バイトには魅力がいっぱい

そもそも深夜バイトとは22時から5時までの時間帯で働くアルバイトを指し、大変なぶん、昼間のバイトにはないメリットがたくさんあります。
1)昼間に比べて時給が高い
やはりこれが深夜バイト最大の魅力でしょう。労働基準法によって昼間の時給よりも25%以上の割増賃金が支払われるので、短時間で多くお金を稼ぐことができます。最近は不足している深夜帯のスタッフを確保するために、更に待遇をアップさせているところも増えているので、職種関係なく昼間に比べて圧倒的に時給が高いと思います。
2)お客さんが少なく、ラクな作業が多い
来客数が格段に減る深夜帯では飲食店や販売店では、ほとんど接客する必要がなく、ラクな単純作業が中心です。昼間に比べて周りに気を使うことなく、自分のペースで気軽に働けるのも深夜バイトの魅力でしょう。
Q.具体的にどんな作業が多いの?
では具体的に各業種で深夜にどんな仕事をしているのでしょうか?昼間と仕事内容の違う業種の作業内容をご紹介しましょう。
コンビニ深夜には入荷商品などが一度に納入されるため、検品や品出し作業が中心
ファミレスや居酒屋通常の仕事に加えて、レジ締めや閉店後の清掃・ゴミ出しが中心
カラオケお酒を飲む人が増えるため、ドリンクで汚れた床や部屋の清掃が中心
3)バイト仲間と仲良くなりやすい
深夜でのアルバイトはスタッフの人数が少ない反面、お客さんが少なく、仕事も単純作業が中心なので、シフトが同じバイト仲間と多くコミュニケーションを取ることができます。
実際に深夜バイトが一緒の人と仲良くなるパターンは多く、より楽しく働けるみたいです。

陥りやすい落とし穴も…

ラクで高時給な深夜のアルバイト。しかし、深夜のイレギュラーな時間に働くため、そこにはリスクも生じます。今回紹介する対策を参考にしながら賢く効率的に働いてみてください。
1)体調や生活リズムを崩しやすい
深夜にアルバイトをすると体調や生活リズムを崩してしまいがちです。普通の人なら寝ている深夜から朝方まで働くため、完全に昼夜が逆転してしまいます。一度崩れた生活リズムを立て直せずにバイトがない日もその習慣に引っ張られ、一日を無駄にしてしまう人も多いです。深夜バイトを続けるためにはしっかりと自分で生活スケジュールを立てて、生活リズムを管理する必要があるでしょう。
2)プライベートが充実しない
昼夜逆転してしまうため、バイトが終わってから昼過ぎまで寝てしまうと完全に自分のプライベートを失ってしまいます。それが日常化してしまうと1日がバイト中心に回ってしまうので、上手くスケジュール管理をしてバイトとプライベートを両立できるようにしましょう。深夜バイトで成功するカギはいかに昼間の時間帯を有効活用し充実させられるかにかかっているでしょう。