アルバイトの気持ちの良い辞め方

たかがアルバイト、されどアルバイト。アルバイトを辞める時は誰しもが気まずさや戸惑いを感じてしまいますよね。しかしアルバイトですから、辞めなければいけないこともあるでしょう。そんな時に、お世話になったバイト先の方々に感謝の気持ちを伝えつつ、気持ちよく辞めれる方法を考えていきます。

突然辞めるというのはあまりよくありません。オススメしたいのは、辞めなければならなくなる2週間以上前までには、誰か目上の人に相談しておくということです。きちんと相談したうえで辞めることになれば、突然お店の勤務表に穴を開けてしまうことにはならないので、バイト先への迷惑は最小限に抑えることができるはずです。人によっては、連絡もせず突然辞めるような人もいるようですが、これは雇用主が最も困る辞め方です。例えどんな理由があったとしても、辞める時は前もってきちんと伝えるようにしておきましょう。

次に、辞める理由はきちんと説明しておきましょう。理由も述べずに辞める行為はとても迷惑です。正当な理由をつくり、それをきちんと説明しておくと、事前にトラブルを防ぐことにもつながるので、必ず事前に理由を説明しておくことをオススメします。

やはりバイトを気持ちよく辞めるにはタイミングも重要なポイントです。やむを得ない理由がある場合を除いて、とても店が忙しい時に辞めるなどということはできれば避けるべきです。バイト先が落ち着いていて、人員も足りている状態で伝えることが1番よい辞めるタイミングです。先程も述べましたが、突然言うのではなく、1ヶ月ほど前から伝えておくと、お店への迷惑は最小限に抑えることができるはずです。

最終日には、アルバイト先の人全員にきちんと感謝の気持ちを伝えましょう。これが1番重要です。お世話になった方々に自分の口から感謝を伝えることで、よいイメージを与えたまま辞めることができます。簡単に思えますが、口頭でお礼を言うのは結構難しい行為です。恥ずかしがらず、低姿勢できちんとお礼を言いましょう。

ここまでバイトを辞める時に気を付けたい4つのポイントを見てきました。これはすべて大人として出来て当然で、でもなかなか全てやるのは難しいことです。ですが、この4つのポイントを守るだけで、次の職場にも気持ちよく移れるし、迷惑もかけずにすむはずです。ぜひ試してみて下さい。