求めるアルバイト

アルバイトの面接の際に志望動機を聞かれて困った経験がある人も多いと思います。その理由として多くの人が単純にお金を稼ぐことがアルバイトで働く目的なので、その仕事に対して強い志望動機など無いからだと思います。しかし雇用者側もそんなことは分かっています。アルバイトで採用するということは、雇用者側がその人に賃金を払って働いてもらうということになるので同じ賃金を払うなら、やる気がない人よりやる気のある人の方を採用したいと当然考えます。
そのやる気をはかる為に志望動機を聞き出し間接的にやる気を見ているのです。そのことを踏まえて今回は雇用者側が求めるアルバイトについて話していきたいと思います。

同じ職場で働く人だったら覇気がない人より覇気がある人の方絶対に好かれます。いつも疲れた表情や感情を表に出さないポーかフェイスで仕事をされると周りの士気も低下してしまいそれがやがて仕事の質の低下につながってしまい、なによりやる気がないとみなされてしまいます。
集団の中で働いていく以上、自分も職場の重要な人材だということを意識して周りの人の士気を下げないように努力していく必要があります。

集団の中で働いていく以上コミュニケーションが取れない人よりもコミュニケーションが取れる人の方が絶対に良い印象を持たれます。ベラベラとしゃべり過ぎるのも問題ですが、コミュニケーションがしっかり取れないと取つきにくい人と思われてしまい仕事を頼みづらくなり、周りの人との連携がうまく取れていない人と思われてしまいます。

基本的な話ですが、礼儀がしっかりしている人は100%好感を持たれます。その理由として礼儀がしっかりしている人は、他人に対して「どんなことをされたら嫌かな」「この人今こんなこと思っているかな」など常に相手の一歩先を見据えながら接している思いやりの心があるからです。
普段から相手の気持ちを思いやり、あいさつや言葉遣いに気を配っていくことから始めていく必要があります。

これまで色々と話してきましたがアルバイトとして雇うなら、やる気がある人が第一です。
そのことを絶対条件に置き集団の中で働いていく以上、人の気持ちを考え思いやる気持ちが大切になってきます。
自分第一と考えがちな世の中で他人に配慮でき、なお且つやる気のある人材を雇用者側は求めています。