アルバイトでも履歴書はいるんですか

アルバイトの面接時は履歴書の提出が求められることがほとんどです。アルバイト用の履歴書に職歴を書く事になっていますが、何を書いていいか分からないこともあるかと思います。ここからは、履歴書を書く時に注意すべきことを考えていきます。

職歴を沢山書くと経験豊富に思われると思いがちですが、アルバイトでも短期間や単発のものを、沢山職歴として書くのは、むしろ悪印象になってしまうことがあります。短期アルバイトを沢山書く必要はありません、長期的に続いたアルバイトを少数書くことをオススメします。

では履歴書には何をかけばいいのでしょくか?積極的に履歴書に書くとよいと考えるアルバイトの種類は2つあります。まずは、長く続いたアルバイトです。長期間働き続けたアルバイトを書くと、アルバイト先からするとこの人はなかなか辞めないだろうという印象を与えることができます。これは採用に近づく大きな1歩です。次に書くとよいアルバイトの経験は、採用してもらいたい企業に役立つ職歴です。その職場で活かせそうな能力や資格、それを活かして志望動機を書けば、企業側の採用の印象に残れる可能性は高くなるはずです。

次に履歴書を書く時に気をつけるべきことは、細かく書くということです。アルバイトに応募する際に書く履歴書の職歴は、過去にやっていた仕事やアルバイトだけではなく、仕事内容も細かく記載するようにするとアルバイト先の面接者へ好印象を与えられるので効果的です。アルバイトの採用担当者によい印象を与えられそうなものはなるべく書くようにするとよいでしょう。

次に履歴書を書く時に重要なことは、何もしていない空間をなくすということです。前のアルバイトから今回の面接までの期間があまりにも空いていると、面接の採用担当者には、いったい何をしていたんだろう?と疑問に思われてしまいます。資格の勉強などでもよいので、なるべく空白期間を埋めることをオススメします。

ここまで、アルバイトをする時の履歴書を書く時に重要なポイントを考えてきました。以上のことを注意して、履歴書を書くようにすれば少しでも採用に近づけるのではないかと思います。ぜひとも参考にしていただければと思います。